【ZuluTrade】TitanFXで稼ぐ!シグナルプロバイダー(SP)を選ぶコツ

自動売買ツール「ZuluTrade(ズールトレード)」はTitanFX(タイタンFX)でも対応しています。

シグナルプロバイダー(SP)に相乗りし、自動で取引を行います。

シグナルプロバイダー(SP)の動きを真似してくれるのはとても楽ですが、きちんと優秀な成績を残す人(EA)を選ぶ必要があります。

今回は「ZuluTrade(ズールトレード)」シグナルプロバイダー(SP)の選び方を紹介します。

SPの選び方①ランキング

「ZuluTrade(ズールトレード)」始めたばかりの方は、まずランキングをチェックすると良いです。

シグナルプロバイダー(SP)を独自のランキング形式を導入しており、総合的なパフォーマンス(成績)でランクをつけています。

その中には世界のプロトレーダーやEA(自動売買プログラム)も混ざっています。

2020年3月時点ではトップ3は以下の通りです。

  • DJXCapital
  • chunyffs333
  • Legendary Traders

ランキング上位のシグナルプロバイダー(SP)から、とりあえず2〜3ピックアップしてみてはいかがでしょうか?

「ZuluTrade(ズールトレード)」初心者にとって一番分かりやすいのがランキングでしょう。

SPの選び方②利益グラフ

「ZuluTrade(ズールトレード)」で利益を確保できるかは重要ですよね。

優秀なシグナルプロバイダー(SP)の利益グラフは、なだらかな右肩上がりになります。

安定的に利益を積み上げていることを意味しているためです。

もし極端にジグザグした線であれば、大幅な損失や含み損を抱えていると予想できます。

また、短期間ではなくできるかぎり長期間運用しているシグナルプロバイダー(SP)を選びましょう。

「ZuluTrade(ズールトレード)」の利益グラフをしっかり読み取ることが大切です。

SPの選び方③最大ドローダウン

「ZuluTrade(ズールトレード)」では、いかに損失を小さくするかも考えなくてはいけません。

注目したいのが、シグナルプロバイダー(SP)の最大ドローダウン(最悪の取引)です。

1回のトレードでどのぐらい大きな含み損を抱えるかを表しています。

この数字が大きければ、資金を大幅に減らす危険性が高いのです。

もしくは強制ロスカットになってしまうかもしれません。

「ZuluTrade(ズールトレード)」のリスク管理・口座管理に十分注意しましょう。

まとめ

「ZuluTrade(ズールトレード)」ではシグナルプロバイダー(SP)選びが重要です。

以下の3つのポイントを押さえましょう。

  • SPの選び方①ランキング
  • SPの選び方②利益グラフ
  • SPの選び方③最大ドローダウン

「ZuluTrade(ズールトレード)」から自分にぴったりのシグナルプロバイダー(SP)を決め、TitanFX(タイタンFX)で稼ぎましょう。

TitanFXの口座開設はこちら